水虫は誰にでも簡単に感染してしまう可能性のある恐ろしい病気です。一度感染すると完治するまでに大変な道のりとなります。しかし対応策はしっかりあるので、水虫の特徴と対策を勉強してみませんか?

運動している女性
  • ホーム
  • 水虫は感染力が強いため予防が大事

水虫は感染力が強いため予防が大事

女性の脚と紫の花

水虫は、足の皮膚に白癬菌が感染すると発症します。
水虫は感染力が強く、患部から剥がれ落ちた表皮や垢の中でも生きており、別の人の足に付着すると発症する恐れがあります。
また、水虫を触った手で、手を洗わずに陰部を掻くなどすれば陰金に、頭を掻けばシラクモに、他の部位を掻けばタムシをそれぞれ発症する恐れがあります。

もちろん、陰金がある状態で性行為をすれば相手に陰金を感染させてしまいます。
特に、水気のある状態だと、感染しやすくなります。
白癬菌はカビ(真菌)で、乾燥に弱く湿気を好みます。
足先や陰部は、靴やズボンとパンツなどが密着し、他の部位よりも蒸れやすいため白癬菌の感染が生じやすいのです。
このように大変感染力の強い白癬菌ですが、白癬菌が皮膚に付着したからと言って、すぐに水虫やタムシを発症するわけではありません。
白癬菌が定着するには、24時間程度必要だとされています。
そのため、毎日、お風呂に入り体中を清潔に保つことで発症をある程度防ぐことができます。
また、家族や同居している人が水虫である場合、足ふきやタオルは別のものを用い、速やかにラミシールなどの抗真菌薬を使用し治療することで、家庭内での蔓延を予防することができます。

水虫は、発症すると治療には時間がかかります。
そのため、日頃の生活の中で水虫にならないように予防することが大事です。
そのためには毎日お風呂に入って綺麗に体を洗い清潔にすることが大事です。
とくに指と指の間などは綺麗にしましょう。
ただし、傷をつけると感染しやすくなるので、傷つけないようにやさしく洗いましょう。
そして、自分が水虫に感染してしまったらすぐに治療を開始することで家族に白癬菌を移してしまわないようにしましょう。

最近の投稿
    アーカイブ
    サイト内検索