水虫は誰にでも簡単に感染してしまう可能性のある恐ろしい病気です。一度感染すると完治するまでに大変な道のりとなります。しかし対応策はしっかりあるので、水虫の特徴と対策を勉強してみませんか?

運動している女性
更新履歴
女性の脚

足の裏や指の間に痒みなどの症状が現れたら、水虫になっているかもしれません。
水虫はカビの仲間、白癬菌に感染する事で発症します。
1度、白癬菌が皮膚の角質層にまで感染してしまうと、自然と治る事はありません。
不特定多数の人が利用する公共の場所には、白癬菌が繁殖している所もあるので注意しましょう。
白癬菌はカビの仲間という事もあり、高温多湿を好みます。
ですので、温泉やサウナは白癬菌に感染しやすい場所です。
温泉やサウナといった場所は、多くの方が裸足で利用しますし、何より高温多湿なので白癬菌が繁殖している事が多いのです。
特にバスマットは、ほぼ100%の確率で白癬菌が繁殖しているというデータもあります。

また、観光地で多く見られる足湯も、白癬菌に感染しやすい場所の1つです。
白癬菌はお湯の中で繁殖する事はありません。
ですが、その周囲で繁殖している事が考えられます。
足湯も不特定多数の人が、裸足で利用する施設ですので水虫になりやすい場所と言えるでしょう。
温泉やサウナ、足湯といった水虫が移りやすい場所に出かけた際は、足の裏や指の間を丁寧に洗う事が白癬菌感染予防に繋がります。
白癬菌は皮膚に付着しただけでは、感染しません。
皮膚についた後、角質層という部分に感染が広がると水虫となるのです。
通常、皮膚に付着した白癬菌は約24時間程度で角質層に感染します。
1日1回、必ず足の裏や指の間を丁寧に洗えば、水虫になる確率をグンと抑えられるのです。
足の裏や指の間が濡れてしまった場合、しっかり乾くまで水分を拭き取るという事も大切です。
水分が残ったままだと湿度が高く、白癬菌が活動しやすい環境となってしまいます。
丁寧に洗う、水分を拭き取るといった基本的なケアが、水虫予防には有効です。

記事一覧
女性の脚と紫の花

水虫は、足の皮膚に白癬菌が感染すると発症します。 水虫は感染力が強く、患部から剥がれ落ちた表皮や垢の...

最近の投稿
アーカイブ
サイト内検索